人気の高級食材景品!A5等級特選飛騨牛

人気の高級食材景品!A5等級特選飛騨牛

飛騨牛の定義

「飛騨牛」とは、岐阜県での飼養期間が最も長い場所であり、飛騨牛銘柄推進協議会登録農家制度 にて認定・登録された生産者によって14ヶ月以上肥育された黒毛和種の肉牛のうち、社団法人日本 食肉格付協会が実施する牛枝肉格付によって肉質等級5等級・4等級・3等級と格付けされたもので あることを協議会事務局が確認、認定したものとする。 「飛騨牛」と認定した場合は、飛騨牛表示ラベルを交付する。飛騨牛表示ラベルには、肉質等級・生 産者住所氏名・個体識別番号および、認定日を明記する。

松阪牛協議会とは?

昭和52年から岐阜県内の和牛を系統的に固定する必要から、県内産の肥育牛を“岐阜牛”として呼 称して銘柄化を図り、市場性の確保に努めることになる。 この当時、すでに食肉業界では大垣市の(株)吉田ハムが地場産業の発展、村起こし、町起こしのた め飛騨牛の銘柄化の推進を行っており、昭和59年5月29日に“飛騨牛”の商標登録(昭和54年出願) をとり、中京方面を中心に“飛騨牛”の普及販売に乗り出す。 こうした中で、岐阜県産の肉牛を飛騨牛として銘柄を統一、推進するための飛騨牛銘柄推進協議会 の組織化について(株)吉田ハムの全面的な協力が得られ、県行政、岐阜県経済連、(株)吉田ハム を中心に、全国に発信できる銘柄として“飛騨牛”が決定される。 それに伴って、昭和63年1月23日岐阜県農協会館において、大池岐阜県経済農業共同組合連合会 会長、伊藤薫岐阜県畜産会会長、松岡登岐阜県食肉事業協同組合連合会会長、及び林清岐阜県 畜産公社社長が発起人となって、「飛騨牛銘柄推進協議会」が設立される。

松阪牛の歴史

飛騨牛がここまでブランド化できたのは、肉質の良い子孫ができやすい遺伝子を持っていた一頭の 雄牛「安福号」の功績が大きい。 安福号は1980年(昭和55年)に兵庫県美方郡村岡町(香美町)で生まれた但馬牛で、1981年(昭和 56年)に県有種雄牛として岐阜県が購入し、上松陽助当時岐阜県知事によって名付けられた。 1983年(平成5年)に死亡する。 安福号は生涯で39,000頭余りの子ができたという。 今でも安福号の冷凍凍結された精子が使用されているが、現在は安福号の子孫のうち、優秀な雄牛 を県有種雄牛としている。 なかでも「飛騨白清」、「白清85の3」、「広景福」が知られている。