人気の高級食材景品!鹿児島黒豚

人気の高級食材景品!鹿児島黒豚

鹿児島黒豚ってなんでそんなに美味しいの?

鹿児島が誇る黒豚 六白(ろっぱく)とは? 鹿児島の黒豚は真っ黒ではなく、4本の足先、鼻先、尾の先の合計6ヶ所が白いことから、「六白」と言われております。 鹿児島の本土に持ち込まれてから400年以上の歴史がある奄美で飼育されていた島豚が、鹿児島黒豚のルーツとされております。 島豚をベースとした在来の黒豚と、英国バークシャー種を掛け合わせ、改良に改良を重ねて現在の「鹿児島黒豚」が誕生しました。 主に鹿児島県畜産試験場で行われている黒豚の研究は、世界でも他に類を見ないスケールと内容で、鹿児島黒豚の美味しさの背景には、そういった研究の姿勢があるというわけです。

六白の特徴

  • 肉の筋繊維が細いので、食感は歯切れがよくやわらかい。
  • 保水性が高いので、肉質がしまり脂肪組織の水分含有量が少ない。
  • 中性糖やアミノ酸含有量などの旨味成分が多いので、旨味抜群。
  • 脂肪の溶解温度が高いので、脂がベトつかずサッパリしている。
  • 豚肉特有の臭みがない。

鹿児島黒豚(六白黒豚)と一般的な白豚の違い

一般的な白豚に比べて鹿児島黒豚は発育が遅いため、白豚は生後6ヶ月程度で出荷されるのに対し、鹿児島黒豚は約8ヶ月かけて出荷されます。 また、一般の白豚は1回の出産で12頭前後産みますが、鹿児島黒豚は8頭前後しか産みません。 そのため、必然的に鹿児島黒豚は生産コストが高くなり、市場価格も一般の白豚より割高になってしまいます。

こんな環境で育ってます!

当店の取り扱いの「鹿児島黒豚」は、鹿児島県の人気観光スポット「霧島尾久国立公園」の大自然の中にある牧場で、生き生きと育っています。 約7万坪の広大な牧場では、黒豚たちがストレスをためないに配慮して、黒豚生産と肥育だけを行っています。